本文へスキップ

TOMA'S通信は、個人の趣味のサイトです。

大好きな作者とお気に入りのえほんのページです。
今まで読んだ絵本の中でも大好きな作者の絵本とお気に入りの絵本です。

大好きな作者とお気に入りの絵本 My Favorite

大好きな作者とお気に入りの絵本のページです。

大好きな作者 エリック・カール

はらぺこあおむし
偕成社
定価1,200円(税別)

わたしだけのはらぺこあおむし
偕成社
定価1,000円(税別)
わたしが初めて、エリック・カールの絵本を手にしたのがこの1冊。定番!!なんていわれるかもしれないけど、あざやかな色合いと、なんともいえぬほのぼのとした文章にとりこになったわけです。
さっそく、わが子に読んであげました。
自分の子供に、自分で絵本を創ってあげようと考えているのなら、手始めに「わたしだけのはらぺこあおむし」で、オリジナルに色を塗り、「わが家のはらぺこあおむし」を創ってみては?
チョッと中身を紹介


あおむしが、卵からかえり、リンゴやイチゴ、ケーキやスイカetcなど、たくさんのものを食べて太っちょになり、まもなくさなぎになって、やがてきれいなチョウチョになるという物語です。
あおむしが食べた穴も開いている、ちょっとした仕掛けもある楽しい絵本です。我が家の息子たちも、小さい頃はよくあおむしのまねをして、ほんの中の食べ物を食べるまねをしていました。
◎はらぺこあおむし
◎ね!ぼくのともだちになって
◎さみしがりやのほたる
◎こんにちは あかぎつね
◎ごきげんななめのてんとうむし
◎お星さまかいて
◎パパお月さまとって
◎だんまりこおろぎ
◎ちいさなくも
◎ゆっくりがいっぱい
○うたがきこえるよ
○しりたがりやのこひつじ
○ゆめのゆき
○やどかりのひっこし
○ごちゃまぜかめれおん
○カンガルーの子どもにもかあさんいるの?
○ちいさいタネ
◎印は持っている絵本なので、だんだんに紹介していく予定です。


大好きな作者 レオ・レオニ
スイミー
好学社
訳:谷川俊太郎
定価1,300円(税別)
レオニの小さな主人公たちの前には、いつも広大で多彩なこの地球上の世界が開けています。単なるおとぎ話ではない絵本なので、大人も十分に楽しめます。
チョッと中身を紹介 小さなかしこい魚の話です。
みんな赤い魚なのに1匹だけ真っ黒な魚がいました。名前はスイミー。広い海の中で、魚たちは楽しく暮らしていたが、あるとき、大きなマグロがおなかをすかせて突っ込んできた。魚たちの運命は....後は自分で読んでみて。
我が家の息子たちは、賢いスイミーが大好きでした。
◎スイミー
◎せかいいちおおきなうち
◎さかなはさかな
○フレデリック
○アレクサンダとぜんまいねずみ
○ひとあしひとあし
○じぶんだけのいろ
○ペツェッティーノ
○ここにいたい!あっちへいきたい!
○うさぎたちのにわ
○みどりのしっぽのねずみ
○あいうえおのき
○おんがくねずみジェラルディン
○うさぎをつくろう
○コーネリアス
○ぼくのだ!わたしのよ!
○マシューのゆめ
○びっくりたまご
◎は持っている絵本です。段々に紹介していく予定です。ビデオも発売されています。


お気に入りの絵本
葉っぱのフレディ
レオ・バスカーリア作
童話屋
定価1,500円
葉っぱの一生を描いた絵本ですが、人間の一生にも置き換えられ、とても考えさせられる1冊です。
チョッと中身を紹介
◎葉っぱのフレディ
◎ラブフォーエヴァー
◎たいせつなこと
◎しろいうさぎとくろいうさぎ
◎ほしのおうじさま
◎五体不満足
◎は持っている本なので少しずつ紹介していく予定です。



TOURING_TOP

大好きな作者一覧

エリック・カール



レオ・レオニ